スポンサーサイト

  • 2016.12.31 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    外国食旅行 その1 イラン(ペルシャ)編

    • 2011.07.23 Saturday
    • 22:40
    旅行に行ってきました。
    場所は、なんと、「イラン イスラム共和国」です。

    …、はい、当然ウソです。行けるわけありません。

    なかなか行くことのできない場所に、行ったつもりにさせてくれるのが
    お手軽「外国食旅行」。はい、外国食を食べにいくこと。

    今回はその第一弾として、自由が丘にある
    「ペルシャ・トルコ料理 サバラン」さんに行ってきました〜。

    東急線沿線の方はよくご存じの、沿線情報誌『SALUS』。
    そこに「世界食堂」という連載記事の、5月号に掲載されていたお店でございます。

    さああ、行ってまいりましたぞ。

    場所は魅惑の食ワールドが展開する、自由が丘駅出てすぐの「自由が丘デパート」2F。
    恐る恐る上がってみると。。。
    古い定食屋、すし屋、焼肉屋(結構有名らしい)、とんかつ屋(結構広い)、
    で、この店、ハワイ料理、さらに奥にはベトナム料理・ネパール料理と。
    そうそう、3Fには、これも有名、ハンガリー料理のお店と、餃子センターがあり。

    さあ、で、入ってみよう。外観はコレだ↓

    なんだか雑多で、イランかどうかはよくわかりませんが、まあ、中東雰囲気は抜群に漂ってます。

    中は、可愛らしくコンパクトにまとまった、女の子受けしそうなお店です。


    後姿は、店主のアリさんです。そして、女性の方はどうやらベリーダンスの先生のようです。


    今日の目的は、雑誌掲載の料理、ザクロをつかったチキンシチュー、「フェセンジュン」です。


    ばくっとまず一口何もつけずに食べてみる。
    その色味から、なんだか辛そうなカレーのようですが、
    甘酸っぱく奥深い、こってりしているけどもたれず、後口がきりっとしている、
    そんな不思議なお味のシチュー。

    これを、細長いお米にかけて食べると、米の控え目な味がフェセンジュンをさらに引き立てます。
    「これは美味い!」

    これがパンだったら、その油っぽさ、甘さなどの雑味が
    フェセンジュンのある種素朴な風味を、「ごてっ」としたものに変えてしまうのでは?
    と思うような、とにかく初めての味わい・食感の食べ物でした。


    食後はデーツ(ナツメヤシ)2つとスパイシーなチャイ(スパイシーな紅茶で、ミルクはなし)。
    デーツは、皮はちょっと硬いけど中は黄色っぽく、かつねっとりとした干し柿のよう。
    そして出されたお茶によく合う。
    この器、これ誰だ?? 興味深々だったら「1セット1500円だよ〜」と逞しい一言。

    料理もデーツも甘いけど、果物の甘さなので、とにかく残らず切れがよい。
    スパイスも残らずに、清々しくかつおなか一杯な、優雅なランチ旅行でした。

    店主がとってくれたから、超珍しいけど自分アップしてみます。


    メニューも載せておきますね。

    今度はぜひディズィ(ペルシャ鍋)を食べにいきましょうかね。

    ===================
    サバラン[ペルシャ&トルコ料理]

    自由が丘1-28-8 自由が丘デパート2F
    (自由が丘駅正面改札出てすぐ右)
    03-5702-0012

    11:00-22:00(L.O 21:30)
    ===================

    納豆汁レシピ

    • 2011.01.07 Friday
    • 23:04
    納豆汁のレシピはいろいろあるらしいが、私が慣れ親しんだものをのせるね。

    そうそう、郷土料理だから「適量」とか「適宜」があるのは仕方ないから。
    ご勘弁してね〜。

    納豆汁


    ≪材料と分量≫ お椀8杯分くらい(作りやすい分量)
    ・だし汁 5カップ(1リットル)

    ・木綿豆腐   1/2丁
    ・高野豆腐     1個
    ・こんにゃく  1/2枚
    ・油揚げ      1枚
    ・しいたけ     4枚
    ・芋がら    80〜100cm(乾燥状態)

    ・納豆      3パック(今回は中粒の40グラム入りを使用。計120グラム)

    薬味として
     ・長ネギ(白い部分)    10cmくらい
     ・切りみつば        10本くらい
     ・ゆず             1/2個

    ≪作り方≫
    1 材料を切る…大きさをなるべく同じくらいにするのがポイント。8mm角くらい。
            とにかく切る作業が多いのがちょっとくたびれる。

      ・こんにゃく→厚みを半分にし、角切りにして熱湯でさっとゆでアクを抜く
      ・高野豆腐→戻して水気を絞り、厚みを半分にして角切り
      ・油揚げ→油抜きはしてもしなくてもよい
      ・しいたけ→いしづきの部分だけ取り除き、軸も同じくらいの大きさに
      ・木綿豆腐→これは崩れやすいので、やや大きめ。1cm角くらい

     そして、芋がら。芋がらとは、サトイモの茎の皮をむいて干したもの。↓こんな感じです。
    201101072144000.jpg
    [chii-chii point]き
     昔は山形から取り寄せてたらしいが(祖母談)、今は近所のスーパーでも売っています。
     しゃきしゃきした歯触りと素朴な風味が、芋がらの真骨頂。
     これがないと、納豆汁はぼやけたしまらない味になります。

      ・芋がら→洗って水につける(10分ほど)→5分ほどゆでて水にさらし、絞って小口切り。

    2 鍋にだし汁を入れ、豆腐以外のものを入れて10分ほど煮る。

    3 味噌を適量とき入れて、「薄味の味噌汁」をつくる。
     [chii-chii point]き納豆を入れるので、薄味にしておきます。

    4 納豆をすり鉢でする。

     私は、バーミックスでやりました。できるけど、ねばっちゃってねばっちゃって
     餅みたいになった。明らかに回転数が落ち、モーターがぶっ壊れるかと思ったよ。

     [chii-chii point]きどんな方法でもよいので、細かくすりつぶすべし!

    5 納豆の入っているすり鉢or容器に、味噌汁をいれて溶きのばし、鍋に入れて温める。

    6 豆腐を入れる。

    7 味見をして、味が薄いようであれば味噌を適宜追加。
     [chii-chii point]き汁は味噌を入れた3以降、絶対に煮立てないこと。風味ががくんと落ちます。

    8 薬味を準備して、別の皿に用意する。
     長ネギ→白いところを切り開き、真ん中の芯は使わない。細かくみじん切りする
     切り三つ葉→細かい小口切り。
     ゆず→皮を千切り

    9 納豆汁をお椀にもり、薬味を各自適宜添えて食べます。

    自分としては、かなり上手にできて、感動しました!
    最初に鼻にくるゆずや三つ葉のさわやかな香り。そして濃厚な汁と素朴な具材が相まって
    懐かしい、大地の味わいがします。

    食って郷土をよく伝えてくれるものだし、それを伝承しないといけないと思っているから
    私の中に半分流れる山形の味を再現できて、今日はとっても満足です!

    さあ、次回はこれまた山形名物、「芋煮」でもアップしますか!

    ぜひ作ってみてくださいね。そして作ったらコメントをぜひよろしくお願いします!!

      

    納豆汁です。

    • 2011.01.07 Friday
    • 22:39



    これなーんだ?
    答えは「納豆汁」。知ってます??

    納豆汁とは、納豆入りの味噌汁で、山形の郷土料理です。
    山形出身の祖父母(母方)を持つ私としては、正月に祖父母宅へ行くと
    必ずこれが出されたもので、「正月=納豆汁」ということになる。

    祖母が年をとってしまったため、祖母手製の納豆汁は久しく食べていない。
    そんな中で忘れかけてたけど、今テレビ東京で放映してる
    「太一×ケンタロウ 男子ごはん」の本で、国分太一も
    「正月は納豆汁を食べる!」と言っていたため、納豆汁を思い出しつつ作ってみることに。

    さあ、次にレシピを載せるよ〜。


    米粉パン「和良‐わら‐」

    • 2010.06.09 Wednesday
    • 23:18
    201006041459000.jpg
    米粉が今ブームですね。

    もちろん今までも上新粉など、米粉はあったけど
    和菓子ではなく、パンやケーキにするということは
    ほんのここ最近の流れです。

    自由が丘に米粉パン専門店が4月下旬にオープン。
    後れ馳せながら行ってきた。

    和良‐わら‐という名のお店。
    すべてのパンに国産米粉が80%以上使用されているそうで、
    クロワッサンと食パン買ってきて。

    クロワッサンはバター控えめで、表面はカリッと、
    中はしっとりして
    普通のクロワッサンより中が詰まっている感じ。
    食パンはキメがホント細かくて、しっとりもちもち。

    2つとも新食感で驚く。
    しかもあっさりしてパンが甘いの。

    これは確かにうまい!

    ホームベーカリー買って家でパン焼きたいな〜って思っていたけど、
    米粉パンの美味しさを体験して、更に買いたくなってきた!

    「つくし」採り

    • 2010.05.07 Friday
    • 09:30
    201005042047000.jpg

    八方では至る所に「つくし」が生えてました。

    ああ、春なのね〜って思っていましたが
    夫が「つくし食べたい」って言い出し
    (夫にとっては懐かしい味らしい)
    私は食べたことがないので、バスターミナルでバス待ちの間
    そこらへんでとってきました。

    で、こうなりました↓
    201005042116000.jpg
     ,呂ま部分をとり、洗う
     ■喫くらい茹でて、ざるにあげる
     フライパンに油少々をひき、炒める
     ず重・醤油・みりん(分量はもちろん適当)で味付け
     ゾ任欧覆い茲Δ某緤をとばす。出来上がり。

    はかま部分をとるのが大変でした。
    名木山のセンター下部では、超群生していて
    1分で200本くらい採れそうでしたが、採ってこなくてよかった。
    家での作業で泣きを見るところでした。

    味は…、よくわかりません。軸は「?」味、先端部分は「不思議」味です。

    夫に、「つくしってどんな味?」って食べる前に聞いたけど
    返ってきた言葉は「つくし味」。でもその通りかも。

    遅くなりましたが、クリスマスのメニューなぞ

    • 2009.12.29 Tuesday
    • 12:31
    26日土曜の午前をもって、今年の仕事が終了!

    のハズでしたが、昨日同僚から家に電話があり
    「1月5日に講義(たかだか30分だが)をしてください」
    「で、準備よろしく」とのこと。

    ってことは、年末年始にその原稿準備しなきゃならんではないか…。

    休ませろよ、正月くらい。ってイライラするけど忘れます。
    そうそう、今は久々の「ヒマな主婦」を満喫するのだ。

    で、24日はそのプチ主婦1日目だったし、結婚記念日だし、もちろん
    クリスマスイブでもあり、料理するにもわくわくしてつくったのがこれ↓。

    ・ローストビーフ、パセリとチーズの焼きリゾット、ベビーリーフ(自家製)
    ・BLTスープ(ベーコントマトレタス+卵のトマトスープ)
    ・ツリーサラダ
    ・ワイン
    (あとでケーキ)

    購入したのが、ローストビーフ用の肉のみ。
    あとは家にあるものだけで作ったってのが、ちょっと自慢です。


    これ、ポテトサラダです。円錐型に盛り付けて、あとは星型に切ったにんじんや
    冷凍庫で眠ってた枝豆や、端を失敬したかぼちゃなど、
    「あまりもの」いやいや「無駄にしない」心意気で作りました。

    クリスマスにアップするはずが、こんな年の瀬にね。

    職場が激変しており、今まで以上に忙しくなる2010年。
    このブログも、本来の「歴史関係」を取り扱ったものに回顧していきたいな〜。

    だって、仕事スキルのアップも上司に直でいわれているだけではなく
    それがこんどは給料に反映させるんだそうだ。恐ろしい。

    遊んでいるヒマなさそう。だからこそ、また面白いもの集めに精を出さねば。

    来年もみなさん、よろしくお願いします。

    木苺ジャム完成

    • 2008.08.10 Sunday
    • 21:46
    20080810_2143_000.jpg
    ジャムつくった。
    ちなみにお土産もジャム。しかも5個。
    糖尿病にならないかしら?

    合間の地味作業

    • 2008.08.02 Saturday
    • 13:23
    20080802_1317_000.jpg
    梅干しの土曜干し。
    式後はすぐ出張なので
    3日間干す時間とれるのは式前の今しかなかった。
    今日で3日目。おおー、しぼんで色もすっかり梅干しだ!

    梅干・初挑戦!

    • 2008.06.28 Saturday
    • 23:07
    職場で梅をもらいました。
    2年前に漬けた「ブランデー梅酒」がなかなかの上出来だったので
    今回も梅酒を漬けよう、とおもったけど
    ずいぶんと黄色く熟している。

    そこで、初挑戦!「梅干作り」!

    なんと私、先日まで梅干をまともに食べたことがなかった。
    人生30数年食べたことのない苦手食べ物の第一位の梅干。
    自分でつくったら食べるかな?
    20080628_2105_000.jpg

    ビンに漬けることにした。
    これは、「変化がわかって楽しいかな?」という思いつき。
    ちょうどきつきつだったので、重しもいらずグッド。
    さて、3週間後にはどうなっているのでしょう??
    20080628_2117_000.jpg

    でも、食べられるのはせいぜい秋以降。
    「熟して美味しいのは2年後」だそうだ。。。
    気長なものですね。。。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    もしよかったら。

    LINKS

    PAOLOG
    日常のほほんブログ。スキーねたもちょっとあり。
    渡部浩司official blog
    山形が生んだスキー界の期待の星。がんばれこーじ!

    お買い物もどうぞ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM