山ファッション 怒涛の購入ー春5月場所ー

  • 2011.05.23 Monday
  • 23:32
お久しぶり〜。いやいやご無沙汰しましてごめんなさい。
大丈夫でしたよ。ちゃんと生きていますが、いかんせん仕事が溜まりに溜まって
身動きとれない状況に陥ってしまったんです。。。

書きたいことはいっっぱいあるので、ぼちぼちアップしてきます。

で、第一弾は、山。
でもまだ、登ってません。これから登ろーかなーっていうようなよい陽気が続く中、
まず恰好を整えて、気合いを入れてテンション上げてかないと。

テーマは、「元気に明るく、でもやりすぎず。」です。
「山ガール」でキメキメなのはちょっとイタイし、なんせ年齢がヤバい。
だけど、来年・再来年になったらなおさらヤバいわけで、
なら、あんまりやりすぎないことを意識して揃えようということで、
水曜日には自由が丘のエーグルに、そして昨日は原宿のICIに行ってきましたぞ。



夫と二人で争うように大量購入です。
水曜にエーグルで購入したのも合わせてみると、こんな風になりましたとさ。
参考までに、購入サイズを書きました。私自身は、155cmです。



ニット帽(エーグル)
クールマックス使用の糸で、ざっくり編んだニット帽。かわいい〜。
だけどつばなんかは狭いから、低い山での使用を考えてます。

長袖インナー(ノースフェイス・Mサイズ)
ボーダーの配色がいいなあ、と思い購入。以前からノースフェイスの長袖インナーを持っているから
知っている安心感があったのも、購入の決め手でした。ぴったりは疲れるのであえて避けてみました。

半袖シャツ(ミレー・Sサイズ)
これは衝動買い。店で見てたらシルエットもいいし、襟の下がメッシュになってて、通気性も抜群。
ミレーの直営店では、大きな柄のチェックシャツがあったけど、それもよかったな。

ショートパンツ(エーグル・Sサイズ)
これは、ファスナーで切り離せる「コンバーチブルタイプ」という奴です。
ロングパンツはもっているので、短いやつが欲しかったけど、さらに欲張ってしまいました。
ただ、現在体重増加のために、結構ファスナー部分が「パッツン」です。ヤバし。


グローブ(フェニックス・Mサイズ)
以前トレランのときにヘンな毒の草(とげ)で痛い目にあったし、岩・木につかまることもあるから
やっぱりグローブって大事ですよね。もたつくのがいやだったので、指が出てるタイプと悩んだ結果
日焼け&怪我の防止を優先しました。お値段も1,785円と優秀。

で、ショートパンツの下には、CW-Xのレボリューション(Sサイズ)を着用予定。

早くどっかに行きたいな〜。

2010/10/17 谷川岳

  • 2010.11.05 Friday
  • 09:39
谷川岳の写真をようやく整理&加工したのでアップします。

当日の行程はこうでした
 起 床  4:00
 出 発  4:45
 関越練馬 5:25
 沼田IC 6:50 (高速料金:1,600円)
 駐車場着 7:15

とにかく眠かった。。。
土曜は夫婦ともに仕事(つまり、基本週休1日です)なので、
早く寝ようにも、準備やらなにやらで…。

でも割と早くついたから良かった。
天神平スキー場の駐車場に到着するも、川場スキー場のように
立体駐車場になっていること自体驚き!
寒くないし、トイレなども充実しててよいです。
身支度して、ロープウエーに乗ったのが7:45、
実際のスタートは、8:00丁度でした!


老若男女、どんな格好をしていようが山を楽しめるのは
ロープウエー降りてこのリフトに乗っての散策。
結構人がいましたね。山登ってロープウエーで下山すると、
午後から山に向かう人は、100%登山ではなく、このリフトによる空中散策目的。
デートの若者から老人集団、格好ときてはハイヒール、ブーツなど都会そのもの。


最初は木道です。歩きやすいし、紅葉もピークは過ぎたとは言えども
木々の彩りは楽しめますので、この木道だけで引き返すというルートもあるそうです。


だんだん険しくなってきた。途中鎖場も数箇所あって、渋滞することもしばしば。
谷川岳はロッククライミングも有名と聞いて納得。


道すがらには草くらいしかなく、両サイドの風景はガスで見えず…。
こんなときは、とにかく登るしかありませんね。
ガスがあって唯一良いことは、山頂までが見えなくて、
「まだあんなに遠いいの???!!!」と、ぐったりすることがないこと(笑)。


1つ目のピーク「トマの耳」あたりから、ガスがすうっと抜けてきました。


すると、こんな風景が左側に開けてきました。
外国チックですよね。夫は「ハイジが住んでそう」と大喜び。


谷川岳山頂「オキの耳」(1977M)到着。日本100名山のうち、初踏破です。


稜線がその先にも続いています。ずうっと歩いていくことができるけど
当然日帰りなので無理。すこしだけ歩いて鳥居を発見。
そのちょっと先でお昼にしました。


お昼にしよ〜、と思って足を休めたとたん、ものすごい寒さであることに気がつく。
さすがにスキーシーズンが早い&長い天神平スキー場の、しかも更に高地。
吐く息が白いだけではなく、空気の粒粒一つ一つが冷たいのです。
(スキーやってる人にしかわからない表現かもしれません。
 とにかく寒いところは、空気の細かい粒子が凍っているかのように肺に入ってくるのです)
あわててレインウエアを出して着ました。

ちなみに今日のファッションです。
気合で短パンです。もう少し丈の長い&温かいものが欲しい。
(というより、もう長ズボンだろう、季節的に…)

お・ま・け
最近『ランドネ』などの山雑誌を購入してるけど
山ファッションって難しい。特に『ランドネ』はかわいいけど、20代用でしょう。
あんなにごてごてカラフルじゃあなくて、だけどポイント的にかわいいのがいいなあ、と。
下山後にお手本がいましたので、こっそりと撮らせていただきました。

こんなのが目標です↓

2010/10/31 金時山登山

  • 2010.11.03 Wednesday
  • 21:24

先日の10月31日、日曜日、友人(?)の元気ジジイMさん(60代)が毎週行く
「金時山」に一緒に行ってきた。


自宅出発   8:00
登山道到着  9:30頃
登山出発   9:50頃 でした。
家が近いので車での送迎付き。なんて楽チンなんでしょう。では出発です。

それにしても、このオッちゃん、丈夫なだけでなく明るくてホント元気。
登山途中の道すがら、会う人会う人みんな知人友人。
なんで毎週毎週おんなじ山に行くんだろう???と思っていたけれど、
登山というより、「近所の喫茶店に友人に会いに行く」感覚なんだろうな〜。


でも、途中は結構急で狭く、段差のある道が続きますぞ。
距離的に短いから大丈夫だけど、2時間とか3時間これだったらやだな。
途中、下山する御歳84歳のおばあさんに出会う。「すごい」の一言!
自分が84の時に、果たして山歩きなんかできるのだろうか???


こんな道案内表示あり。さすが金太郎伝説の山ですな。


1時間ばかしで頂上に到着!道中は完全な霧で、富士山どころか何も見えず。
当然頂上も何も見えず。仕方がないので山の説明なんぞを。


山頂に野良猫?どうやら山小屋の飼い猫らしいが、山にネコっていうのは初めてだ。


2つある茶屋のうち、金時茶屋に入る。ここには名物のお方がいるが。。。
それは「金時ばあさん娘」である。三つ編のおさげがトレードマークであるが…、
どうみても70歳過ぎであろう。すごいや。


内部には木札がずらっと天井から吊り下げられている。
登山回数と名前があるのだが、中には4000回!!!という人も!!
ちなみに今回ご一緒のMさんは400回ちょっとらしい。


きのこ汁(400円)をご馳走になりました。


1時間くらいの休憩ののち、下山。完全に雨が降ってきちゃいました。


まあ、パタゴニアで購入したレインウエアのテストと思えば。
こんな感じです。下がなぜだか「Sサイズ」なので、ちょっと大きいのが気になるところだが。
(注:155cmの私にとっては、パタゴニアならば「XSサイズ」が妥当。
   店員の友人のチョイスで、あまり何も考えないで買ったら、これだけ「Sサイズ」なんです)

雨は完全に防ぎつつ、中の湿気感もなし。やはりレインウエアは値段に比例するといわれるだけある。
とってもよかったです。(でも風邪ひいたが)

金時山からは、途中と山頂で富士山がとってもキレイに見えるそうだが
見える確率は約30%とのこと(元気ジジイM氏談)。

次行くかわからないけど、眺望がまったく見れなかったのは悔しいところですなあ。

谷川岳に行って来た

  • 2010.10.24 Sunday
  • 19:23
201010170801000.jpg
先週の17日の日曜日、谷川岳に行って来た。
紅葉は見頃を少し越えていたけれど、
雄大な日本ではないような風景は、それはそれは圧巻でした。

まだ写真整理してないので、とりあえずこれだけ。

陣馬山登山+α Δ気蕕膨媛辰陸臓櫃気弔泙い盞,蝓

  • 2010.09.27 Monday
  • 19:26
栗を拾って大満足。これが、今回の「+α」。

しかし、藤野駅に歩いて帰る途中、
道端で山芋・さつまいもを広げてるおっちゃんにつかまる。
おっちゃんのキャッチセールばりのトークにまんまと引っかかり
さつまいも掘りもやることに。

さつまいも掘りは、幼稚園以来です。
確かにやってもいいな〜、って思ってたからよかったけど。

おっちゃんに「大きい芋が出来てる株を探せ」とは言ったものの
こればかりは運任せ。


茎を引っ張ると切れてしまうらしい。
がしがしと芋の周囲を掘っていくと、2株とも実は大物がくっついていました。


わ〜い、大収穫です。特に1つはラグビーボールくらいの大きさです。
あ、顔は夫に加工を頼んだら、栗になってしまいました。


家で大きさ比較。参考にタバコの箱なんぞを。そして意味もなく豆ぐるんぱも。

芋は今干してます。
そして栗は、栗ご飯と(写真忘れた。。)、渋皮煮に。
201009271857000.jpg
渋皮煮はとっても上手に出来たけど、湯につけて皮をむいて、さらに
重曹とともにゆで、細かい筋やけばけばを指でなでてとって洗って×3回、
その後ようやく砂糖を入れて煮ること1時間半。

もうやらんな。

陣馬山登山+α テL遽犒櫂薀鵐匹之拾い

  • 2010.09.27 Monday
  • 09:42
藤野駅に到着し、一休みしたあと向かった先は、「藤野園芸ランド」です。

園芸ランドとはいっても、名倉と呼ばれる地区の農家全体を指しており
農家それぞれで「○○狩り」といった収穫体験ができます。

で、私は去年5連休だったシルバーウイークの時に、ここで栗拾いを行う予定も
中央道の大渋滞により、泣く泣く断念したこともあって、1年後にリベンジです。
(相当執念深い)

今回お邪魔したのは、ランドの中の「栗波園」さん。


おや、栗拾いの看板のところに、「本日の栗拾いは終了」とある。
でも、前日にお電話して予約してから大丈夫だろう、と突撃。

「昨日お電話で栗拾いを予約したものなんですが…」

おっちゃん「えっ、栗ですか?今日はもう終わりなんですが。」
わたくし 「昨日お電話して、14時過ぎに行くっていっておいたのですが…。」
おばちゃん「栗なんかもう午前中でないよ。予約したって言ったってね。」

おいおい!!昨日、そして一昨日確認で電話したときも
おばちゃん、あんたが電話に出て、「まあ大丈夫でしょう」って言ったんだよ!!

一歩も引かない私に、おっちゃんとその母親であるおばちゃん、父親のおじちゃんが
なにやら協議中。
 「たたけば落ちるんじゃないか」
 「まあ、少しくらいはあるんじゃないか」

そして、「じゃあ、行きましょう」ということに。


栗の木も木についている実もいっぱいあるのだけど
今年は生育が遅いし、栗拾い自体が人気があるので、午前中でだいたい終わってしまうのだそうだ。

おお〜、確かに空のイガが大量に落ちているけど、所々に獲物があります!

それに、取りこぼした栗もあちこちに落ちているから
純粋な栗拾い+、落ちこぼれ拾いです。


そうよ、これをやりたかったのだ〜!!

夫も堪能中。

なぜこんな完全防備かというと、「蚊がすごい」から。
夫は畑に入る前、私がおっちゃんたちと話しをしている間に、3箇所刺され
私は栗林の中で、顔だけではなく、服の上から背中と腕を7〜8箇所刺されました。
虫除けスプレーを持ってきてくれてたけど、そんなもんじゃ効きません。
是非とも、重ね着による完全防備でないと、蚊の格好の餌食となります。


蚊に刺されても暑くても、黙々と下を向いて拾うと、結構な量になってました。

切りのいいところで切り上げ、撤収。おっちゃんが選別と計量をしてくれます。


1.7kg。1kg=600円なのですが、ちょっとおまけで900円(1.5kg相当)。

その後、ふかしたお芋と栗の渋皮煮、冷たい麦茶をいただきました。


そして、園のおっちゃんたちとしばしおしゃべり。
おばちゃんはどうやら電話のことを思い出したらしく
「とれてよかったね。」「今日は先にどこかに行って来たの?」と
ずいぶんと愛想が良くなった。
まあ、田舎の人は結構最初はぶっきら棒な人が多いけど、みんな悪い人ではありません。

1年越しの栗拾い、出来たこと自体でとても満足です〜。

じゃあ、最後に役立つかもしれない情報を。

【藤野園芸ランド】
・藤野園芸ランド  JR藤野駅徒歩20分(タクシーで1メーターで着きます)
・ランド全体の案内 倉田益男さん宅 042−687−4087
・栗拾い(1kg=600円、入園無料)
  栗波園 042−687−3139
  野崎園 042−687−3464
 ※今年は栗の生育が遅れているらしい。今週末、10月初旬がおススメとのこと。
  行きたい人は、10月2、3日あたりの午前中(10時くらいまで)がチャンスです。

・他の味覚狩り さつまいも 1株 160円
  …これはどこの農園でも大量にあるので、予約などは必要なし。
        

陣馬山登山+α げ嫉海肇丱

  • 2010.09.27 Monday
  • 09:13
山は見晴らしもよく、とても気持ちがいい!

でも、帰りどうしてもバスに乗りたい私は、コーヒーを諦め
11:50に下山開始。
ただ、一ノ尾根入り口がどこかわからなかった。ほんとに。
どうやら閉まっている茶屋の向こうから入るのでは?と今では思っていますが
「栃谷尾根」経由で帰ることに。

ここは最初は結構急で細い道が続きます。
ふくらはぎと足先が痛くなるのが嫌なので、ゆっくりゆっくりと。

途中から茶畑やお墓などが左右にある私道を通ります。

キウイが生っていたりと結構楽しい。

そして、普通の道路に出ます。
この道路もうっかりすると私道に入ってしまいそうになりますが
あくまでも「大きな道路」をうねうねと歩いていきます。
途中で標識なども2箇所ほどありますから、不安もあるけどずんずんと。

思ったより時間がかかってしまい、最後の方は小走りで。
県道に突き当たり、宿屋の大きな看板が見えたら、左に曲がります。
ふう、ようやくバス停を発見。


藤野駅まではもちろん歩けますが、30分ほどかかる。
しかも、山用の靴でアスファルトを歩くととっても疲れるし
途中ですごく幅の狭いトンネルを抜けなければならない。
車道との境は白線のみ。バスが通るとほんとにぶつかりそうになるオッカナイ道なので
これを避けたかったのです。そして、+αのための余力を残しておかなければならないし。

バスの本数は1時間に1本。逃すともうおしまいです。
バス時刻表を載せておきますね。

使えそうなバスは
 13:38←これに乗った
 14:43
 15:43

この3本だけ。あとは歩くしかありません。

そして、藤野駅に到着。

駅前の販売所で、栗を1袋購入。1kg200〜400円でしたが
大きい方が値段が高い。
おっちゃん曰く、「大きい方が剥きやすいよ」(そりゃそうだ)の一声で
一番大きいサイズの400円のものを購入。確かに大きい方から売れていきました。

陣馬山登山+α L晴ζ宗歐愬六

  • 2010.09.26 Sunday
  • 23:13

最初は石や根が多く、狭くて急な道が続きます。
でも、それを過ぎると緩やかなアップダウンが続き、道も土で安定しています。
トレイルランニングの人もちらほら。
ここは結構いいかも!!
(次はいつやるんだか???)

閑話休題、夫の装備の一部を大公開!!
一番のポイントは「豆ぐるんぱ」。

ちなみに私のザックには、もちろん「ミッフィー」がくっついております。


。。。それはともかく、歩くこと90分、途中の案内板や道路を経由して明王峠に到着。

案内板のコースタイムの目安を拡大してみました。ただ、地図よりもゆったりペースかも。


明王峠で10分休んだのちに、再度出発!

お、途中で栗が落ちていますよ。ふっふっふ。

さあ、明王峠から陣馬山まではほんの少しです。35分後、10時45分到着〜!!


ここの頂上にそびえる、白馬のモニュメントとも、お約束の写真撮影です。

でも、顔がないんだよね〜。


360度周囲がひらけていて、雲がないと富士山まで見渡せるらしいが
今日はざんねんながら見えませんでした。
コンパスがないので、どっちの方向かイマイチわからないしね。

今回は山では初めてお弁当を用意していきました。

ゆで卵を忘れてしまったが、なくても満足でした〜。
そうそう、前回のトレランでわかったのだけど
梅干が大嫌いな私でも、おかかとまぜた「梅おかか」を具にしたおにぎりならOK。
千葉の新米でのおにぎり、そして鶏の唐揚!最高です!。

本当はコーヒーを飲みたかったけど、「信玄小屋」ではおばちゃんが大忙し。
泣く泣く諦めて出発。

信玄小屋では、こんなポスターも

ちょっとだけ興味あり?

バスの時間が気になるから、11時50分に山頂を出発。

陣馬山登山+α ∩衞聾弍悗ら与瀬神社へ

  • 2010.09.26 Sunday
  • 22:55
まあ、すべては結果オーライなのですが、
本当は相模湖着は7:35の予定でした。
電車は、南武線(乗換:分倍河原)→京王線(乗換:高尾)→中央本線という計画。
このほうが同じ出発時間で同じ到着時間なのに110円安いから、という理由。

…、しかし、予定の中央本線に乗り遅れました。
乗換4分という検索を信じてたら、あっという間に行ってしまった。
もう少し余裕をもった方がよいと思います。。。
(高尾駅でダッシュしている人が何人もいました。ダッシュすれば間に合うらしい)

ようやく相模湖駅に7:55着。



駅の中にトイレもあるけど、バスロータリーの先、観光案内所の隣にもトイレあり。


しかし、困ったことに地図がないのである。
しっかり探せばあったかもしれないけど、見当たらない。
目安となった唯一のものが、駅前ロータリーにある大きな方向指示だけ。

で、駅から右に出て、線路沿い藤野方面に進みます。

与瀬神社を示すものも見当たらず、ちょっと戸惑う。
大きな道路に沿っていくと、郵便局、その先左側にセブンイレブンがあります。
セブンイレブンのはす向かいが、与瀬神社の入り口です。

そこで後ろを振り返ると、こんな案内が。
行き過ぎた人が引き返したときに有効なのでは??と思う指示。


さあ、神社に入りますよ。

神社は鳥居が2つありますが、それぞれ突っ切っていって大丈夫。
途中、中央道を上から通ります。どうも中央道の建設に際して神社に多少の移動があったようです。

神社でおまいりして、さあ、本格的に出発です。
それにしてもここまでがわかりづらくて、ちょっと不安でしたね。

陣馬山登山+α 〜衞聾佝のルートとタイム

  • 2010.09.26 Sunday
  • 22:46
沖縄旅行のネタを書き途中だが、今日相模湖自然公園内の陣馬山に行ってきたから
そっちの話を先に書くことに。

今日のルートの計画は、以下の通り。

「相模湖駅→明王峠→陣馬山→一ノ尾根→(陣馬登山口)→バス→藤野駅」

それに、オマケの+αがつきます。ふっふっふ。

で、実際のタイムは

相模湖駅 着    7:55
相模湖駅 発    8:10
 ↓
與(与)瀬神社   8:30
 ↓
明王峠 着    10:00
明王峠 発    10:10
 ↓
陣馬山 着    10:45
陣馬山 発    11:50
 ↓
バス停
陣馬登山口着   13:30
 ↓
藤野駅 着    13:45

でした。下山ルートは当初、一ノ尾根経由の予定が
どこが入り口かよくわからず、結局は栃谷尾根伝いに下りました。
山の地図だとバス停まで70分でしたが、ゆっくり降りたため時間がかかり
バス停手前1kmくらいのところから早足(時折走り)で降りました。

結局、陣馬山−栃谷尾根−「陣馬登山口」までは100分くらいかかってしまいました。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

もしよかったら。

LINKS

PAOLOG
日常のほほんブログ。スキーねたもちょっとあり。
渡部浩司official blog
山形が生んだスキー界の期待の星。がんばれこーじ!

お買い物もどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM