仕事復帰かも

  • 2015.10.24 Saturday
  • 01:23
こんばんは、お久しぶりです。

ご報告です。仕事復帰、するかもです。

先日ご紹介した、「日本私学教育研究所」のサイトで産休代替要員教員の募集を見つけて応募し、
先日、教科面接・適性検査・模擬授業・管理職面接を経て、本日採用内定通知を受けました。

育児に追われた、あっという間の1年でしたが
実際に模擬授業の準備などをしていると、
1年という時間は、やはりそれなりに長い時間であると痛感しました。

アイディア・プランが浮かばない、ポイントがはっきりしない、板書案がまとまらない、などなど。
やはり、いろいろな部分で「鈍っている」ことを思い知らされました。

教員は芸人のようなもの。と常々思う。
授業の毎回がライブであり、その観客(生徒)の反応を吸収して
より面白いネタ(授業)につながっていく。
だからこそ、常にやり続けないと進化が止まってしまう。
そう考えると、止まること(仕事の休止)はとっても恐ろしいものだと思っていました。

今でもそう思います。
実際に教壇に1年ぶりに立つと、手足が声が震えるでしょう。
その緊張感を考えると、しり込みする気持ちがふつふつとわきあがってしまう。

その大きなプレッシャーと、それ以外の諸問題から
本当にこの内定を受けるか、悩んでいます。

幼子を抱えて、やっていけるか。
熱を出して保育園に預けられない場合、どう対処しようか。
あと、今回担当する分野が、今まで15年の中で1回も担当したことのない分野であること。
それも、大きな不安材料です。

日曜日まで悩んでみようかと。
でも、気持ち的には「思い切ってやってみよう」という方向です。
4か月だけなので、頑張ろうかと。

「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚き」by武田信玄。


この言葉、今の私には重く響きます。
コメント
内定おめでとう!!

務まらなそうな人に内定は出ません。
やらずに後悔より、やって後悔です。今までやったことのない分野なら、ここでがんばれれば仕事の幅が広がります。

恐れずに前へ進もう!
  • Tomoko.Y
  • 2015/10/24 5:07 PM
tomokoさん、コメントありがとうございます。

1年ぶりということで、怖気づいているのは確かです。
そして、未知の分野ということも。

ただ、そうやって背中を押してくれて、とても心強いです。
そうですよね。
仕事を再開するのであれば、どんな時であっても怖気づくはず。不安に思うはず。

せっかくの機会、頑張ってみようかと思います。
ありがとうございました。
  • ちぃちぃ
  • 2015/10/25 11:26 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

もしよかったら。

LINKS

PAOLOG
日常のほほんブログ。スキーねたもちょっとあり。
渡部浩司official blog
山形が生んだスキー界の期待の星。がんばれこーじ!

お買い物もどうぞ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM