スポンサーサイト

  • 2016.12.31 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    大泉洋、ついに君もか!

    • 2009.05.02 Saturday
    • 20:23
    今なにげに見たヤフーのトピックスに
    「大泉洋、プロデューサーと入籍」という衝撃ニュースが載っていた!

    いやあ、めでたい(のとちょっと淋しいが)、めでたい。

    音尾くんの結婚、リーダーの長男誕生。そして
    本公演終了とともに、彼も入籍。
    これで、独身はただあの「残念」な方ただお一人になってしまった。
    う〜ん、やはり彼は「残念」な方だ。

    以前洋ちゃんは「付き合うのは絶対年下」と言い切っていたが、
    激務を支えてくれるのはやはり姉さん女房なのかしら?
    ダイアリーにも「未熟な私」を連発してたから、
    支えてくれる絶対的な人なんでしょうね。

    うう、すこしショック。だけども以前「○○セブン」とやらで
    「松たか子と熱愛!」なんていうガセネタがあったけども、それよりはよいな。

    2度目の「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム」

    • 2009.03.13 Friday
    • 12:38
    昨日演劇が好きな友人を誘って、再度下荒って来たよ〜。

    この芝居の台本、ようやく最終稿があがったのが1週間前とのこと。
    ナックスはいつもどおりだけれども、だからこそ
    演じていくなかで日々修正したり、それこそ台本書き換えちゃったりするから
    2月25日と今回3月12日は違うところがあるか、とおもいきや
    とくになし。

    最終の札幌のころには、だいぶ変化があるのではないかと。

    今回は落ち着いて見てたから、前回とは思うところがちょっと違うね。

    ネタばれになってしまうかもしれないので
    見たくない方はここまでよ〜。

    続きを読む >>

    「下荒井兄弟」の当日券情報(ごく一部)

    • 2009.02.26 Thursday
    • 12:20
    昨日25日、当日席が1階の中央には21席出ていました。
    (1階の後方や2階は確認していません)
    分厚いクッション、背もたれがついた豪華な折りたたみイスだから
    当日席の割には快適そうです。

    当日券ゲットを考えている方、ぜんぜん参考ならなくてすみません。

    でも、他のサイトなどを見たら、始発で行っても厳しそう…

    下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム

    • 2009.02.26 Thursday
    • 12:04
    ついに来たぞ、2月25日(水曜日)
    4ヶ月後の計画なんぞわかるか〜(怒)。
    だけどなんとか行ったぞ〜(笑)。

    それはそれは、TEAM NACS第13回公演
    「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」
    (↑見たイメージが緑だったから、緑にしてみた。)

    前作「HONOR」に比べると、本の作者が違うので、NACSの本公演とはいえども
    ぜんぜん雰囲気は異なります。
    今までのモリの本は、人の心に訴えかけて、心に暖かさが残るとともに
    考えるヒントとなる「引っかかり」が残るようなものでした。

    でも、今回洋ちゃんが書いた本は、この芝居の宣伝コピーそのもの↓
    「大泉洋がはりきって描く物語は、
    TEAM NACS初のドタバタ純愛冒険青春2時間以内B級巨編!」


    やりたい小ネタ・ギャグ・アイディアを余すところなく
    「これでもか〜っ」っと、しかもテンポよく詰め込んだ、ギャグ芝居。
    ほろっとくるところもあるし、下ネタも満載。そんな彼らの等身大芝居。

    こんなげらげら笑える、そしてちょっと泣ける、
    その2時間の間、自分の名前・職業・ストレスなどをすべて離れ
    非日常、非現実の世界に誘ってくれたこのファンタジー作品って
    すごく素敵だと思いました。

    専門家やNACSファン以外はどういうかわかりません。
    ただ、生のお芝居は、その人たちの有り様、その人たちのエネルギー、
    空間の無限な可能性を感じさせてくれるものであることを改めて実感したし、
    そして、私たちを夢に引きこんでくれる、
    嬉しくしてくれる、楽しくしてくれる、素敵なひと時であることを
    あったかく思いました。

    N43°!!

    • 2008.11.30 Sunday
    • 21:46
    TEAM NACSのフィルムツアー、「N43°」、終わってしまいましたね…。

    どうやってもチケット取れなかった私に対し、お知り合いは2度も行かれたそうな…。
    「くやしい」の一言。

    だけども、2月21日より、池袋の劇場にて公開するとのこと!!
    DVDの発売もあるけど、大画面で見たかったから、これは行かねば!
    これに行って、2月25日には、舞台「下新井兄弟のスプリング・ハズ・カム」を観劇。

    いいね〜。気分盛り上がってまいりましたよ!!
    くわしくはコチラへ

    「音尾くん」に2度びっくり

    • 2008.09.14 Sunday
    • 15:54
    昨日、「office cue」のファンクラブ会報が来てて、
    記事にナックスの音尾くんが結婚した!という報告があって、
    びっくりしたというより、「よかったね〜」って思った。

    でもそれ以上にびっくりしたのは、今yahooのトップページに載っていること!
    「TEAM NACS音尾が、女優と結婚」
    ひええ〜、わかんねー人はまったく「????」だろうが、
    少し前までは、大泉洋ちゃんしか全国ネタにならなかったのに、ほんとにすごいわ…。

    だけど〜、11月のフィルムツアーのチケット、どうやってもとれないし
    転売もすごく値段が跳ね上がっちゃってるのが、本当にいやな弊害だな…。

    再度!HONOR。感想もあるよ。

    • 2007.03.28 Wednesday
    • 18:38
    20070328_342009.jpg
    「TEAM NACS」に会いに、
    また天王洲にきたよ!これから楽しんでまいるよ!

    〔感想〕
    いやあ、顕さんがパワーアップしてたね。
    公演を重ねて余裕が出てきたってことでしょうか。
    やはり、「笑い」「遊び」のシーンが
    彼等にとっては大切で、また楽しみなんですね。

    特にシーンの修正や変更はありませんでした。
    今回も笑わせてもらい、また、ぐっとさせてもらいました。
    アンコールのときに、リーダーが言った言葉がすごく印象的でした。
    「北海道の劇団、TEAM NACSでした!!!!」

    やはり、彼らの心のHONOR(=誇り)の原点は北海道なんですね。

    一緒に見に行った友人の感想↓
    「すごい勢い。気分がわぁ〜っとなってとっても楽しかった」

    …。意味がわかりません。「わぁ〜」ってなんだろう。

    そうそう、やはり「お祭り」がこの舞台にはあるので
    提灯がいたるところにありました。
    これは、はいってすぐのところのもの。
    20070329_342302.jpg

    〔その他〕
    TEAM NACS TEN でのシゲちゃんproduce「ダーツフライト」が
    売れ残っているらしく、そのために彼が土下座して
    購入をお願いしているポスターがあった。
    「可哀想だな…」って思ったけど
    ダーツフライトって、ダーツの針を別購入しなければならないらしく
    また、会場の98%が女性客ということを考えると
    ダーツやってる人がこの中にいるのかしら??

    公演後も覗いてみましたが、やはり売れ残ってました。
    今後行く人で、ダーツやろうかな??って人は
    または、シゲちゃん可哀想って人は、是非ご購入を。

    TEAM NACS 「HONOR」の感想(ネタばれはなしよ)

    • 2007.03.14 Wednesday
    • 14:25
    昨日ついにTEAM NACS 「HONOR」を見に行ったよ!!

    いろいろと書きたいけど、いわゆる「ネタばれ」はファン倫理に反してる、
    だけど何かやっぱり発信したーい!!ということで、
    バレない範囲でちょっと感想です☆。

    劇場は綺麗でしたね。なんだか赤絨毯が敷いてある螺旋階段をのぼって
    「ここどこよ〜っ」って自分つっこみしたくなるようなおしゃれ空間。
    天王洲アイルって初めてだけど、ここはモノレールに乗っちゃえば
    羽田空港までほんとすぐ。彼らが札幌に帰りやすいということで
    選ばれた可能性が巨大な劇場「銀河劇場」でした。

    さて、本題に入る。
    〔オープニングにて〕
    まずやっぱりオープニングがすごかった。
    オープニングから全員が一致してすごいものを作りあげている。
    「はあ〜」ってあっという間にお話し空間に入っちゃったよ。

    前回「COMPOSER」で洋ちゃんが、アカペラで歌い上げたのも見事だったけど
    彼らは劇中で何かをやるばあい(過去にはダンスなんかもありましたね)
    それを単体で素晴らしいものにしよう、という意気込みを感じる。
    今回もドラマ撮影なんかで忙しく、全員で練習できる機会も少なかったろうに
    ほんと感心してしまいました。
    ただ、オープニング・エンディングで登場するこの場面に不可欠な「小道具」
    (サイズは大道具?)は、本物がよかったな。レンタル出来なかったのかな??
    (ただ、本物は重くて移動が難しいかもね)

    サプライズキャラ@顕ちゃん〕
    前作・前々作にひきつづき、またもや「顕ちゃん」に場内は秒殺されました。
    場内大爆笑、ほんと大声出して笑ってしまった!!
    こんなことよく考えるよね。単純に「けんちゃん」から派生しただけだと思うが。

    一緒に行った彼は、この顕ちゃんがすごく気に入ってしまい
    帰り際に携帯ストラップをご購入。
    オフィシャルサイトで言っている「秘密グッズ」とは携帯ストラップのことですが
    どんなものなのかは伏せておきましょう。

    〔ストーリーの展開〕
    小学生、中学生、高校生、33歳、83歳と、70年以上におよぶタイムラグを
    スピーディーにかつ円滑に無理なくつなげていたのがよかった。
    これがもたつくと途中で話がダレてしまうところでしたが。
    あと、彼らのマイム(パントマイム)が抜群にうまくなっていたのが印象的。
    3名のパントマイムで心情や時間、生活が展開していくシーンがよかったね。

    故郷を持たない私でも、「変わってしまうもの」「忘れてしまうもの」
    「それでもみんなに必要なもの」「変わらないことの難しさ」
    「人は弱い。だけど、その心に寄り添う人がいることで、強くなれる」
    …そんな人、間のありがちでやりがちで
    日々の日常生活で忘れてしまう「何か」を思い出させてくれるものでした。

    前回、前々回作とは異なり、ストーリー自体に奇抜さはありません。
    有名人も登場しません。ごく普通の人であり、ごく普通の老人にもなります。
    だからこそ、「普通の人」を演じて引き込む演技力が必要とされたと思いますが
    見事5人はやってのけましたね。

    〔全体的に〕
    彼らはもう全員全国区となったタレントさんですが
    やはり彼らの根底は「ナックス」であり「演劇」なんだなぁってつくづく思った。
    テレビもいいけど、生のごまかしが利かない舞台を作りあげている姿を見ると
    彼らが単なるテレビタレントに成り下がる心配も
    名が売れて天狗になってしまう、なんている心配はないね。

    いやあ、彼らは「タレント」ではなく「役者」です。
    それに、客もよかった。
    以前にはバカ不届き者が、うちわや横断幕持ってきたり、
    登場の際に「きやあああああああああああ〜!!」って
    奇声発したりすることもあったらしいが、今回はそんなこともナシ!
    スタオベ(スタンディングオベーション)もなしだったけど
    そんなことをしなくても、場内割れんばかりのアンコールの大拍手で
    洋ちゃんの目頭が潤んでいた。我々観客の心が通じるんだよね。その2時間で。

    昨日はすごくよい日でした。28日も実は行きます!
    もしかしたら、ちょこちょこ改良点はあるかな?
    もちろん、「??」というシーンはあるのですから。

    なんと「どまんなか」

    • 2007.03.13 Tuesday
    • 18:59
    20070313_335031.jpg
    前から6列目は知ってたけど、もろセンターです。
    続きを読む >>

    いざ

    • 2007.03.13 Tuesday
    • 18:53
    20070313_335030.jpg
    ではついに行ってきます!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    もしよかったら。

    LINKS

    PAOLOG
    日常のほほんブログ。スキーねたもちょっとあり。
    渡部浩司official blog
    山形が生んだスキー界の期待の星。がんばれこーじ!

    お買い物もどうぞ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM